April 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

今日の見方(4/25寄り付き前)

今日の見方(4月25日)

一日の動きをゆっくり見ていたら位置的には悪くないもみ合い。ですが、ここ数年続いた回転売買になれた投資家は、急ぐ売買から自滅しています。基本「逆張り」が苦手な今の投資家は、徐々に買うという事が出来ません。一気に買って結果待つという事ですが、参加者不足の状況は持ち玉が消化できないから、残ってしまうか下まで投げるという感じなんです。

だから、直近買った物は損はしないが、トントンで逃げるぐらいの感性でないと上手く行かないし、トントンならばやっても意味が無いですよ。多分、この地合いは少しずつ買い下がるタイミングで、休み明けに賭けるという投資になります。ただ、気になるのはNYの水準で、政治イベントや経済指標、企業決算の重要な物が休み中にあるから、明るいと言いきれない部分もあります。だから、今日明日高いならば、矛を収めて置かないと、なんでも今年の後半は良くなるという考え方が消化されてしまいます。

理想は連休明けの決算で個別株が上がって、その後から指数はじめ多くが調整し、中国経済の先行きを考えて、そして、確認して第二波があるという形。そこまで時間有るし、皆は他人に買わせて逃げようとしているし、大口投資家はネットで騒ぐ連中を利用して買わせた後に投げさせる文面を使います。そこをうまく買い揃える、押目買いをやっていますよね。

まあ、こういう地合いの運用者は高い物を買うはずがなく、ダイワハウスなんか典型ですが、騒いで売らせて買い向かうという、動かない市場を動かす技術を持っていますよね。そうした時はとにかくゆっくり少しずつ買う感じで、上げ下げ連休後は噂がありますが、そこは判らないんだという認識です。
12345>|next>>
pagetop