November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

相撲の高安、株の高安【源太の講義】お昼

源太会 
来年の投資カレンダーは発売しません。生徒さんへは、教材として「投資歳時記」(旧、投資カレンダー)を無料配布します。新規の生徒さん募集していますが、全て上の源太会にまとまっています。無料メルマガ*投資のパドック*では銘柄研究もしていますが、市場語る時にどうしても物色対象の例がいるからです。

株式投資(11/26お昼)

昨日、相撲を見てたんですが、ここぞという時に大関・高安関が…。なんでだろうなぁという試合。稀勢の里にしてもこんな時は勝たなくて良いのにという時に勝つ人がいるとしたら、こういう時に勝てよと思う時に負けてしまう人がいます。なんちゅうか、株も一緒で高安はなかなか思い通りには行きません。

一方で競馬のジャパンカップ。ずっと春からアーモンドアイという牝馬を追っかけてきていますが、本当に綺麗でギアの入ったときの安定と言い、速度の入り方と言い。、安心して見れます。こういう相場には、なかなかならないんでしょうんで。ゴールしてから早い。

最近、急に競馬に凝ったように感じられるかもしれませんが、見るのは好きでして、たまに買ったりもしますが、40年近く見ています。一筋縄でいかない馬が可愛かったり、綺麗に勝ち切る馬が好きだったり。ただ、怪我だけは気を付けてほしく、株式だって事故はつきもので、安心はできないのが競馬。

今日の展開は、後場にいかに切れ脚鋭い銘柄が出るかどうかで、投資家を市場に惹きつけるような、何かが欲しいんです。万博でも指数でも仕手株でも良いから何か投資家が「やってみたい」「見てみたい」という、引き付け感が欲しいです。

それさえ出たら、この市場は大丈夫なんですが。

6787メイコー、3967エルテス、3937UBICOM
pagetop