February 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

株式投資:参考銘柄(2月5日)

今日の見方からの参考銘柄です。

6191エボラブルアジアは昨日も朝の売りを出させてから一歩一歩進んでいます。今年の前半は多くの企業が貿易問題から予想数字出すのは難しく、内需型にならざるを得ません。そうした時に宣伝を売って出た同社が10連休や夏休みなどを控えて非常に話題になります。今年前半の話題として押さえて起きたい株式。

7196Casaは政策型。外国人就労が大きな労働力のポイントになっているし、建設業界などは非常に望んでいます。ですから、こうした人の家賃保証問題は大きいし、最近は保証人よりもこうした企業の方を好みます。まあ、保証代は家主じゃなく住む人が払うんだし、義務化させていけば伸び方も違うでしょう。

3778さくらインターはデータ運営の大手で、ベンチャー企業や小口顧客に強いと四季報にもあるように、逆に大きな誤算も無いです。告知の中には地方公共団体も有ったりして、比較的安定型。前期の設備投資が大きく寄与して、仮想サーバーやクラウドが本アック的に動き始めたという風に感じます。

4814ネクストウェアはデジタル地図関連として市場では認識されています。システム受託開発ですから、各所に適した開発がうまく、防災関連などは繁忙と聞いています。本来は今期を人員確保や社員教育などの「投資」でもう少し押す感じの業績ですが、それを吸収した状況から業績は微増までもって来ています。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。

こちらのブログもよろしくお願いします!
源太会スクール for 初心者

pagetop