July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

株式投資:参考銘柄(3月22日)

今日の見方からの参考銘柄です。

6309巴工業は相当売り物が吸収された雰囲気。先日まではそこそこ売り物が並んでいたのですが、ここ最近は東証の出来高の少なさもあるのか大きな売り物が影を潜め、かといって信用の買い残も増えて来ません。新しい四季報で光通信が第三位の株主に浮上して来て、思惑が感じられます。好業績だし。

1956九電工は博多天神の再開発など国内工事も天神ビッグバンから前向き。海外展開の方も技術の転化から非常に期待できます。三月末は半期分配当で50円。年で100円ですが、利回りは2.8%。所有期間利回りとか考えたらそこそこ。配当落ちを嫌って投げの出る今の水準は落ち後に株価復活も十分あり得るでしょう。

3661エムアップはじり高からスピードアップして、保ち合いを休み前に突破して来ました。5Gになった時に情報量の増大はきれいな音を伝える技術が放送局などから求められ、一度に多くの配信に耐えれる技術が必要。レコード会社出身の社長がこだわる技術ですよね。以前TBSとの話もありましたし、この抜け出しはついて行きたいです。

2162NMSは休養十分。一時的暴騰がありましたが、それは評価不足の是正に短期売買が乗ってしまって、需給が狂ったから。しかし、見ておかなくてはならないのが人材確保の現状で、製造や開発を一手に引き受けるのはメーカーにとっては助かります。今期は設備投資や中国減速から低迷しますが、来期の数字が設備投資も無く刈り取りの年へ。



[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。

源太会スクール for 初心者
こちらで【源太の講義】のポイントをまとめています。
pagetop