April 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

株式投資:参考銘柄(4月7日)

今週の見方からの参考銘柄です。

6971京セラは先週「即効投資戦略」で取り上げた株式ですが、バリュー投資ではない対応。でも、好業績だとかPBR1倍以下から見ると、バリューの一角になります。今期の数字も通信が中心になって良くなるでしょうし、半導体市況も後半には持ち直す可能性が高いです。気がかりは、企業が押さえ気味に数字出すかどうか。

1959九電工は先週大幅安。金融機関の益出しによるものと思われるが、高配当だっただけに個人投資家の売却も激しかったのか。ただ、週末の後場からは売り板も少なくなり、投資のモチベーションが上がらないから下落していたが、中味は変わった様子。安定した九州電力の工事や5Gに進む社会を考えると、今後も伸びて行くと思います。

7779サイバーダインは「HAL」で有名。介護用ロボットスーツですが、運用上代表企業は組み込む体質があり、週末の同社の動きなど不自然な感じがあります。作業支援から米国事業も好調になって行き、今後の展開から次の段階で組み込まれやすい企業。株価は底値圏だし中期で魅力。

4662フォーカスシステムズは、公共向けの開発システム。保守・運営・セキュリティーと用途は高く、利便性があります。公共は航空管制の案件が採算良く、今期もそれは持続。そういう個別案件でなくても、セキュリティ部門など一般からの仕事も繁忙で、システム構築を急ぐ企業は相当量増えて来たと思います。



[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。

源太会スクール for 初心者
こちらで【源太の講義】のポイントをまとめています。


源太会*株式投資のパドック*

pagetop