July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ここで上がればね。【源太の講義】寄付き前

株式投資(4/8寄付き前)

今週中に天井を打ってくれそうな勢いで上がって欲しいんですが、多分、上がると「思う方」が多いんじゃないかと思います。不味いのは、今週末か来週頭がサイクル的に「過熱入り」してしまうので、中途半端に上がると、苦しい展開も想定しないといけません。こういう時に「儲かっていた」物が下がって損になって来たりしたら、少しおかしな展開と感じていてください。

今週は強気でいた物が上がって来て、売り一巡から切り返しが投資家の希望ですから、ここで上げかけて下がる、儲かっていた物が損になるというスタイルは、順調に市場が上がるならば良いですが、この先不透明になると「やばい」という動きになります。

日本の製造業は本当に数字が難しくなってきました。いくらそれが読み筋としても、少なくとも今期数字は控えめになります。だから、「好業績を買おう。高技術を買う。」なら筋が通りますが、そういうのが売られて、材料株や運用の組み入れ型ならば、モチベーションが上がらないから、閑散が続くんでしょう。

今年は4月下旬から10連休という特殊要因もあり、投資信託などファンドオペレーションの観点(解約対応など)から例年以上に売り圧力が生じる懸念もあります。また4月下旬から5月にかけて3月期決算企業の本決算が集中することもあり、月後半では投資家による様子見姿勢がより強まり、薄商いが継続する可能性が高いですね。

ここで上がればですがね。
       

8135ゼット、1959九電工、4553東和薬品

pagetop