July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

令和に期待【源太の講義】大引け後

株式投資(4/26大引け後)

平成の最後らしい、何とも言えないような終わり方でした。自分が一月の講演で「この市場は結局強い」という話をしたんですが、何故強いのかが判り難いはっきりしない強さなんです。それだけ大きな下落が年末起こって、その中身を精査していないと、何故ここで強気なのかが判らないからなんですよね。

ところがあまり強く感じないのは、多くの参加者が現在の悪い景気の中にあるので、この先起こる好景気は確認しないままで行くから、売り過ぎた部分の修正という反発は資金が少なく恐る恐るだから、そういう感じになるんです。大きく売り込まれた半導体やロボットは不景気の代表でしたし、「それを買う立ち直る経済ならばどこなのか」という発想で、逆に言えば青田買いという感じ。

よって、連休後のイメージは意外に割安ではなく、軽量級のような気がしていまして、本来来るべき今の時期は連休から買い難かったんだと思うんです。そして、運用のスタートはバリュー絡めて来ますからね。

令和に期待しましょう。

6730アクセル、4814ネクストウェア、8934サンフロンティア
pagetop