July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今日の見方(5/14寄り付き前)

今日の見方(5月14日)

『イランと欧州は核軍縮に対して合意』小さな記事ですが、この事は米国が力を失ったという事になります。判らない人は「市場はそのように理解した」と考えましょう。だから、NYは反発が鈍かったのですが、根本から話す市場問題が需給を超えた時間帯に入って行きます。さすがに、こういう流れは意外ですが、中国が脱米国に向かって根回しが効いているという事で、これは米中問題が長引くとした市場はめんどくさい動きになります。

だから内需と思っても運用ができない、何かを売るというシステムが組まれた場合は通用しないから、国内の大口投資家が向かう動きに順張りになり、売って来たクレディのみが買い主体になれる存在になります。ですが、相手は機械だから売りで形つくるケースもあって、対応は難しいでしょう。

兎に角、この場面は何も出来ないから自分の口座を死守することが大事になります。相場観は要らないからまず守りを堅め、心中する企業を決める事ですね。この市場は本当に厄介で、買い主体が買えなくなるような案件が非常に増えます。ですから、上がるべき状況は簡単に覆るから注意です。

まずは口座守る動きから入らないと、上がった事が売り要因になる不味い状況です。強くなったら今回は出遅れが多いと思ってまずは口座守る事です。
pagetop