May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

投資尺度【源太の講義】大引け後

株式投資(5/16大引け後)

この市場ほど厄介な市場になってきたら、気力勝負ですよね。海外の投資家は非常に強く動きますが、日本はヘッジ国になっているんで、何を言っても売り要因になります。だから、基本的には買える素材があっても信用できない部分を探す状況は、明日が非常に辛くなってしまいます。

普通は今日が結果を求められる日だったんで、思うように動かなかった時点で買いの気力はなくなり、どうやって売るのかという感覚になります。そういう流れが市場内にはある後場ですから、企業資質に関わらずダラダラと下がって行きました。だから、流れから行くと持てない目先感ですが、大きく眺めてみたら好業績で株価の位置の低く、中期的には取り戻すことが可能な株式が多く、だとしたら、今は何を気にしているのかということになります。

買い要因の中国景気が読めなくなったのは、こうなると痛いですね。

7035アンドファクトリー、2173博展、4875メディシノバ
pagetop