June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

今日の見方(6月14日)

今日の見方(6月14日)

昨日のポイントの日で感じられたのは、この相場は中々手ごわいという事と、その要因は殆どが個人投資家のモチベーションと時間軸にあるという事。この下落を丹念に買っている動きも確認できましたし、フーバーのような切り返しに対して、売って来る玉が限定的なのも見えました。

一方で上がっても下がっても、しこり物は個人投資家が投げてくる分まずく、その考え方は企業の中味を見ない投資が増えて、買った時にその意図が希薄化しています。上がるから買うは、止まると買う意味がなく、デイトレなどで慣れたイナゴスピリッツは、止まったら売るという投資になります。

ですが、「先が判らないから信じない」という理論も正しいとは思いますが、時代背景からくる産業構造の変化や技術の変化は、いくら米中問題が片付いていないといえども進んでいきます。HEROZなど典型で、高い頭脳を持った企業というだけでも買いになって行きます。これが象徴的だと思いますね。

そういう流れですから、今日は週末で投げが出やすく、NYは反発しても個人のモチベーションは上がらないと思います。ですが、この市場はこうした時期に貯めないと勝てなく、上がり始めての出遅れ買いは難しいんです。来週一週間の動きに期待しないと、その後のFOMCや米中会談は不透明で、下手したら売り屋が横行してしまうんですよね。
pagetop