October 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

株式投資:参考銘柄(6月30日)

今週の見方からの参考銘柄です。

1959九州電工は、春先に期待が相当されたが、思わぬ全体の下落や地銀の資金状態から換金され、その下落を買った個人や運用者が資金的な窮地から換金せざるを得なかった株式。海外事業や国内のシステムの変化から仕事は繁忙です。こうした株式を再度仕込みに行くべきで、長い投資スタイルに変えていきます。

2354YEDIGITALは安川情報という前の会社の通りで、三井物産との提携をやめて足かせが無くなってきた雰囲気。援助も兼ねての安川本社からの紹介は、ロボットなどを卸した企業に、IOTセキュリティ紹介や在宅勤務などのRPAを自社でやって、成果を営業で続けています。人件費などの負担をうまく熟して良い決算でした。

3540歯愛メディカルは業績好調。6万件の歯科医に納品していますが、歯科通販でトップの存在。歯科医は小口の購入者で、卸業者の言いなりになっていました。ですが、ネットから比較して買うという考え方は、高級レントゲンなどの売れ行きが伸びているのを見て判ります。我々も卸と販売の値段が違うのはよく知っています。

1992神田通信は電話の設置企業というイメージが強いのですが、その動きからネット配線などに営業がつながって行っています。いわゆるネットワーク構築という物ですが、そこに同社の得意な照明という技術が加わると、オフィスのレイアウトぐらいまで見る事が出来ます。PC使う仕事は目の疲労や心を傷つける事も多いですから。株主に光通信があるんですね。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

=========================
「今週の見方」の要約版はこちらから
株式投資家をサポートする『源太会スクール』

pagetop