September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

今日の見方(7月9日)

今日の見方(7月9日)

早い物で今日はラジオの日。一週間前に話した「一押し欲しい」は先週水曜日の押しで良いんです。今週の押しは調整であるし、需給関係が問題だったんだから、買いに行ける感じでないと困ります。指数型ETFの配当金捻出の売りが昨日で2800億、明日が3500億あるみたいですが、その狭間で今日は買い難いからと水準を下げて置いて、明日のその売りに向かって仕掛けしておく、商いとして明日は「SQ2日前の逆張り」という典型的なパターンになれば良いと思うんです。

ですが、そう簡単でないのもお見通しで、ここで一番大事なのは「だったら今日は何か動く」という考えで、手持ちは指数に関係ないから換金売りは本質的には影響しなく、むしろ強さがある市場は、ここで何かに対しての反応があるはずなんです。

ですから、閑散だつまらないと思う前に、ここでは一般的には”為替敏感株と逆のバイオ、システム技術”を比較しながら見ることが大事です。そーせいとNECとソニーを比較しながら、市場の強弱感を探ります。それぞれ強気の人が解説した株式のうち、どれが強いのかという事なんです。

そりゃ、判らないですよ。判らないけれどもそうして見る癖を付ける事から、市場に対して、向き合うことができるのであり、「毎日持ち株とにらめっこ」しているようじゃ、「その株式が上がらないと」という視線になり、全体の方向が掴めなくなりますからね。
pagetop