December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

催促相場【源太の講義】大引け後

「企業大研究会」実戦編、これで少し休みます。
前回のファンドなどのグループ分けから絞り込みに向かいます。銘柄の見つけ方です。
いよいよ募集開始!こちらから


株式投資(7/16大引け後)

この死んだような日本株は本当に疲れます。上がらない条件は本当に少ないのですが、NYが調整するというような気になったり、中国が悪い数字とか言いますが、上がっていない活気のない日本で何を気にするというのかという感じ。だから、最近は聞かないですが「催促相場」みたいな物で、選挙前でも何もしない政府に「何か」という催促で、この市場はなにか一つ噛み合えば新たな動きがでるはずです。そこが何もないから下がらないと買いが入らないし、売り方はその心の乱れを待っています。

一番怖いのがNYの調整で、無いとは言えない状況に今はあります。有っても日本株の調整はしれてるとは思っても、気色の悪さが「自分の物だけは」という感覚からいじり始めていきます。だから、ヘッジのプットがなんだか本気になって下がる気がしてきたりと厄介なんです。ですが個別銘柄は推奨で、上がったら「当たった」と吹聴し、下ったら「下がると言いました」的な論調になるんです。

困ったものです、この市場。

1973NECネッツ、2397DNA、6888アクセル
pagetop