August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

日柄【源太の講義】寄付き前

「企業大研究会」実戦編、ラスト6席
これで少しこの会は休みます。前回のファンドなどのグループ分けから、銘柄の絞り込みに向かいます。銘柄の見つけ方です。いよいよ募集開始中!こちらから


株式投資(7/17寄付き前)

昨日のラジオで話した『日柄』について質問が多いので。いや、4月15日から揉み合った動きが、7月頭から揉み合った日柄と昨日で丁度一緒で、(4月の時は)下がった事からもう数日は上がり難いんだろうという事。もちろん押し幅は当時のような叩きや米中不安が出て来なければ、押し幅はそこまでではないです。運用者のバカンス入りなど考えたら、まあ、叩いては来ないんじゃないかと舐めています。

こういう事が命取りになるんですが、トランプさんが米中について述べるのを見たら、天性ならば相当な物ですし、兎に角、そういう時系列で彼は動く事が多いのです。NYだってここまで上がったら休みたいですし、日本は横ばいで米国は縦に積み上がったチャートではあります。

ですから、結局は選挙後と個別企業決算となるんだから、上がっていない株式で将来にわたって必要だろう、研究すべき株式をここで拾い始めるという話です。この流れが一巡したら、怖いのは不景気ですが、そこは現時点の数字ではリセッションには落ちにくく、不景気の危険性は「各国の金融政策」から回避の可能性が高いんです。

だから、久しぶりのギャンブルポジションで挑むことにしたんですが、経済サイクルや金利循環サイクルから、少し押しそうな動きは過度な心理を逆に押さえてくれると見ています。

2162NMS、9446サカイ、6580ライトアップ

pagetop