December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

株式投資:参考銘柄(7月17日)

今日の見方からの参考銘柄です。

4662フォーカスは物が良いと言っても上がらない今の地合いで非常に多いタイプ。AIシステムで今の時流には乗っていますし、動かないことが却って何か悪い事でもと思ってしまいます。ただ、先日のインターアクションでも警戒したら何もない時は上がりますからね。開発費で押さえられても同社の実力ならばこの位置は問題ないかと。

3816大和コンピューターは昨日堅調。早くから株価調整に入っていたからだとも言えます。二次的な作業の多い同社はSCSKと大塚商会で、オフィスに強いから今は繁忙だと思います。そして、AI駆使した農作業などを考えた時は、同社の見方はまた変わるはずです。食糧問題と思うとPER15倍の材料株は高くないです。

2162NMSは足元が大分しっかりして、昨年の設備投資などが効果出て来ています。ベトナムが本格拠点として稼働し始めましたし、請負・派遣という形になると、直ぐに契約解約だった過去と違って、今はコスト削減で頼むという方が多くなっています。自前から委託に変わる流れは変化無いようです。

9380東海運は元々が割安なんで、低金利下のバブル狙いとしても成立しやすいです。ですが、同社の場合は、子会社が大阪の夢洲に土地がり、そこが選挙後の景気対策「カジノ構想」に合致していると思います。もちろん今の状況では決まっていないのですが、決まったらという中に「割安」という、長期持ちにする感性を入れたら良いと思います。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

【源太の講義】や「今週の見方」の要約版はこちらから
株式投資家をサポートする『源太会スクール』

pagetop