December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

疲労困憊【源太の講義】お昼

株式投資(8/6お昼)

昨日は引け後から5時間あまり掛かってDVDの作成、今朝はNYが安くてそれどころじゃなかったんですが、市場が落ち着いてきたらホッとしたのか、体が急にだるくなって思うように動かず、睡魔まで襲ってきました。60超えて体力が落ちたのと、この暑さからイマイチ元気がないという感じです。

市場も良いように見えても中国の状況を考えたら、油断は出来ません。つまり、油断というかスッキリしない、体力が衰えたような市場で、元々NYに連動しないで独自の動きをし始めたような感じでしたが、出来高がなく、IMFも日本が一番経済の伸びがない状況でしたから。ですから、金利低下や経済対策など何か手を打つべきだというのが市場の要求。

そこが政府の体感と違うんでしょうし、なんとなく企業は不景気になったと言っても、経営者で青ざめているようなのはあまりまりません。だから、政府の話が正しいように見えるのですが、不景気になれた日本は日経新聞が「経済の回復基調変わらず」なんてのは世界的にどうか?自分の会社の株価を見ろって気がします。

株が下がると「上げ下げ有るもの」とかのコメントしか出せないんですが、株がここから下ったら消費税導入は命取りになるから、株が下がると考えるんじゃなく、「下がるならば最低経済対策、消費税延期だって出来る」というぐらい考えたら、ここは買えるんじゃないかとか考えています。

体力はないんですがね。

4425KUDANN、7047識学、9742アイネス


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。
pagetop