October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今日の見方(8月7日)

今日の見方(8月7日)

本当は「大丈夫」と思っていますが、NYが安定出来るには米中問題が片付かないと無理だと思います。ですから、上値が読めない反発だから「曖昧な反発」になるケースが多く、安いから上がるが、先に向かっての期待感が不安になるんです。ですから、上値計算しないで買うとなったら、企業資質が大事になるから「リバウンド取り」も選択肢になるし、ムラが出ると思っています。

なんちゅうか、まず”好業績”は上がる候補ですし、投げ過ぎた”未来に対しての研究しなきゃならない企業”もその候補だと見ています。関係なく上がる”仕手株”もそうでしょう。そういう分類の分け方しておくんです。下がったがテーマではなく、間違ったという部分がテーマだと思うんです。

恐怖から間違って売ったから「上がる」という感じですし、レシオが高い物が上がるグロース投資なのに、割高と思って投げた銘柄とか、好業績なのに材料出尽くしと市場の下落のみ訳が付かなくて売られた株、決算の出し方を錯覚して「赤字」と思って投げてしまった株などが考えられます。

一方で戻りが買い難いのは、この市場は今のところ上値が限定的になっているし、米中問題が片付いていないから「二番底」確認型なんです。近々どこか上げ場面で出来高増えないと、回転効かないから下がって、市場は再びジャクソンホールに向かいます。強ければ目先二番底からそこまで上がるが、変な動きならばそこまで下がるという。

枠は守りながらの投資に今日はなります。

つづき、
株式投資:参考銘柄(8月7日)
pagetop