September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

今日の見方(8月19日)

今日の見方(8月19日)

週末は体調が悪く、筆記物休ませて頂き申し訳ございませんでした。数字的データはないですが、読み物として参考にしてください。

いや、特に数字といってもお盆ですから元々が少ないのですが、先週の企業の数字や景気の数字は出ていますから、今週あたり参考にはして来ると思います。ですが、今の数字が悪いのは理解されてたし、良い物が出ても売る気でここから悪くなるという発想ならば、どんな数字が出ても売られます。

今週大事なのは、単純買いのリバウンドで終わるのか、なにがしかの期待感や発想の変化から最低「個別株」は上に抜けていくのかという、盛り上がりが久しぶり出来るのかという事だと思います。

それは株式反発に米国の長期金利が上がった事で、パウエルさんの金利低下意識が変わるという判断で、それはジャクソンホールに期待という風なタイプなのか。そういう動きの方が理解しやすいと思うんですよね。

ですが自分が思う最高は、今回の企業決算をスルーして来た運用者がある一定の評価基準を持って、個別株の判断を変えて来ることで、先週後半で「違和感のある売り」を買う作戦で、エボラブルアジアとか上手く行きましたが、そういう物がもっと上がって行くし、そうなったら「他にも沢山あるじゃない」なんて感じが広がると良い市場になると思います。

という事は、この場面は、今回の決算で売り上げが伸びる企業となりますよね。売り上げが伸びないと、企業は儲けようがないですから。

つづき、
株式投資:参考銘柄(8月19日)
pagetop