November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

強いですが【源太の講義】大引け後

株式投資(9/5大引け後)

人それぞれで感じ方が違う動きは、明日の週末というのを前にして21000円台を割らない来週かどうかで全く考え方が違います。ですから、根本的な事は個人が信じるかどうかで、そこは我々が関与するべきところではありません。「上がると言ってたでしょ?」それも大事ですが、そこに至る過程で枠を空けておいたり、買える態勢でない方が問題なのに、根本的には「上った」で片付いてしまいます。

そうした時に下がったらどうなっていたかは問題ではなく、最近は「当てた外れた」が価値観になりつつあるんです。運用術はこうした時期に売り物が来る可能性が高いから空けておくという風な考え方が強く、下がる可能性の高い時期に向かって枠の確保をします。そうなるとは思わないが、来週後半は非常に難しくて、三連休のFOMC前でそうなったら非常に難しい選択になってきます。

という事は、来週前半には枠を空けて行きたいから、どうしたら良いのかというと、今日は買わないとかの行為になってしまうんですよ。このへんが下手なところですが、意外とそうした考え方は、長生きできたりします。特別なニュースってのは自分はないですからね。

6862ミナトホール、4425KUDAN、9479インプレス


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。
pagetop