November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ナーバスな日【源太の講義】寄り付き前

株式投資(9/13寄り付き前)

需給が変則だから上げ方が急ですが、それくらいおかしな状況だったと言えます。株式は対角の考え方や条件反射といった、少し経済とは違う考え方もあるのですが、理屈で組み過ぎたら得てして今のような状態になります。自分が思うのは、この市場の多くの問題は人為的であり、株価形成もその影響が大きく、下がるはずの週央の動きは、逆にバリュー株が押し上げてくれて保ったという形になりました。

問題は今日で少し動きが変わりやすくなることで、これを調整と考えるか物色の変化と捉えるかで大分違うと思います。見たところこの市場は少し前のANAや三菱商事などが、権利や配当から下がり難く推移した時に、為替に絡んだ製造業や電機にまだ上げ余地があったりします。

でも、FOMCでトランプさんの希望に答えらえなかった時に、また脅しの行動など懸念しなきゃならないので、なんか上がっていない個別株は非常にイライラしたり、外しておきたい気分になってしまいます。今日は上がれば個別株は期待が高くなるのですが、下がったら非常に気持ちが悪くなる、SQ後というナーバスな日だと思います。

9753アイエックス・ナレッジ4743アイティフォー、4425KUDAN

[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。
pagetop