September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

今日の見方(9月13日)

今日の見方(9月13日)

今日は難しいです。日経平均はどう考えても停滞、または一押しあっても良いというテクニカルポジション。一方で需給もSQが済んでしまうので、買いという姿勢は無いでしょう。もし上に向かって来たら、あく抜けという状況ですから、その判断は難しく、テクニカル的な発想で見てしまいます。

ところが、その動きも個別株については「なんでやねん」というぐらい上げが乏しく、才能や実力はあっても「信じきれない」が頭にはあるんです。そこに良い経済数値はFRBの連中が金利上昇を唱える人まで出てくる状況で、0.25%引き利下げですらきついという事になります。そうした時に、自分の意図とは違う数字を提示されたトランプさんが癇癪を起して、前回の様に「じゃ、景気を悪くしてやる」と、対中問題をひっくり返すかもしれない恐怖もあります。

もちろん、一応は延期の対中関税アップですが、そんな事は舌の乾かないうちにひっくり返すのはお手の物で、過去何度煮え湯を味わさせてくれたのかだと思います。まあ、それは穿った言い方ですが、そういう事だってありうるNYは新値手前という事です。ですから、ここで大事なのはそういう事を思い過ぎて、個別株の処分を急ぎ過ぎてしまう事や、焦ってしまう事で、ここはこの次に始まる「テーマ相場」に期待するとして、上がっている物から上がろうとしている物へ、そして、上がらない物へという基礎的な循環を考えれば良いと思うんです。

そうした考え方がこの市場を大分明るくしてくれるのでして、ここは資産構築に頭もって行くべきじゃないかと。週末の大阪塾で”組み方”を少しやりますし、来週の東京では源太会で”その特集”をします。ここは基本になる組み方を覚えて行くべきでしょう。

つづき、
株式投資:参考銘柄(9月13日)
pagetop