October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

株式投資:参考銘柄(9月18日)

今日の見方からの参考銘柄です。

4446LINK-Uは良く下がりましたが、IPOだから仕方が無いでしょう。持っている方も少ないから、下で買うのも少し遅れ気味になります。こうしたプラットホームなどは判る様で判り難い業種で、9月は投げも多いから下がったまま。しかし、ここまで市場が水準訂正型になって来たら打診入るでしょう。

8085ナラサキ産業は昨日見ても買いに来ないと動けない株式。同社の様に21日にHPCシステムズ<6597>が東証マザーズに登場する企業の大株主は、出尽くしが嫌われてしまう傾向があります。逆に、株価によったら再評価だってあります。その狭間で動き出すことが自分はあると見ています。HPCは菱洋・ナラサキが大株主、菱系電気商社、ハイパー・フォーマンス・コンピューターの略。

2130メンバーズは再調整から昨日再びそこの堅さを見せました。必要な企業として過去から取り上げていますが、後半型の数字積み立て型だけに、評価が遅いのがいつもですが、人件費アップを人材配備の適格化などでこなし、増勢になるなど期待できます。営業支援型は今後も増勢と見ます。

4386SIGは官公庁向けの給与システムが安定し、衛星都市向けの大型案件は継続となっています。収益が増員負担から横ばいですが、次への足固めとなって他社はここのところで減益が多いです。元々高い水準の利益だから、この横ばいの収益はむしろ立派だと見ています。一般向けのインフラやクラウド化の案件が増えています。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

【源太の講義】や「今日の見方」の要約版はこちらから
株式投資家をサポートする『源太会スクール』
pagetop