October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

NY大幅安【源太の講義】寄り付き前

高山くんと遊んであげてください!
独特の手法で先読みする'高山緑星'氏の今後の読みと銘柄を見つける方法を覚えましょう。極めてシンプルですが覚えやすい。10月11日「高山くんと遊ぼう!」セミナー

株式投資(10/2寄り付き前)

米国ISM製造業の数字は少し意外な感じがありますが、こういう数字でも「そうだろうなぁ」っていう気もします。最悪の夏という雰囲気から中国と一番交渉がし難い時期でしたからね。そして金利も下がると言われていたから自動車などの購買も落ちるという構図でしょう。

何度も話しますが、この時期は本当に市場が変わりやすく、実体が悪いが相場は強いというギャップは、中々意見の一致は生みません。それは非常に人によっての感性が違うのでして、株式は踊り場になっていますが、その時に「もう終わり」と見るか、「このもみ合いを抜け出せば」と感じるかは、売り買いする人の尺度で変わって行きます。

違う言い方すると、我々はそういう難しいタイプは買わないのです。逆に、経済状況に影響しないからと買う物は、決算自身が思わしくなく、技術や可能性に投資するようになります。そこが買える人の気持ちが我々には判らないから、主力を持ってみて市場の強弱を計るような展開になるんです。

遅行的な投資になってしまう自分のタイプと先行的に攻める人では、動き方が違うという事です。自分はこの場面は好業績の動きの無い物や低位株になりますが、動く軽量に向かう人も多いという事。そういう意味では、今日の押しは皆がまとまる要素がありますよね。

6701NEC、3968セグエ、3778さくらインターネット

[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。
pagetop