October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

話題

タカラバイオ<4974.T>やブライトパス・バイオ<4594.T>などバイオ株の一角が値上がりしている。きょう7日はノーベル生理学・医学賞の発表を控え、先取りの買いが入っているようだ。

 19年のノーベル賞は7日の生理学・医学賞を皮切りに8日に物理学賞、9日に化学賞、10日に文学賞、11日に平和賞、14日に経済学賞がそれぞれ発表される。生理学・医学賞をめぐっては、「制御性T細胞」と呼ばれる過剰な免疫反応にブレーキをかける細胞を発見した大阪大学の坂口志文特任教授らが有力候補として注目されている。

 市場では、患者自身の免疫細胞により、がん細胞をピンポイントで攻撃する「CAR―T(カーティー)細胞療法」への関心が強く、ブライトパスやタカラBIOには関連銘柄として物色の矛先が向かっているようだ。この日はタカラBIOが前週末比3.6%高の2245円、ブライトパスが4.2%高の371円を付けた。
pagetop