October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

動けない【源太の講義】寄り付き前

株式投資(10/9寄り付き前)

NYの下落はある意味仕方が無く、昨日も話したように9月の上げが正しいならば、バリュー投資が本格化しないとおかしいのです。ですが、市場は寄与度の高い物から上がって来るのでして、それでは少し意味が違う上げとなっていると思われます。そして、空売りの手仕舞いや個人の信用買い残の上昇から、需給も少し難しくなった模様。

ただ、根底には先が判らない米中問題とFOMCの行方で、国債を買うというFRBの判断も短期国債という話になると、またもや「長短金利が」という流れになってしまいますし、意図とは違う解釈が市場では浮かんできます。そして、米中問題はポジティブに解釈された買いが主だから、ここで舌戦の様に展開したら、またも暗礁。こうなったら運用側としたら、一呼吸おくのは無理も無いとなります。

そして地政学的な問題もトルコやイランでややこしくなった上に、米朝がいまいち判らない展開から、韓国のそれでも北寄り姿勢は中国による西側分断的な観測があるから、経済圏も少し問題になっています。そこにEU問題と英国の離脱というラインアップで、こうなったら「もうじき始まる企業決算の行方見てから」となるのは仕方が無いでしょう。

個別株も広がり過ぎたし。

6701NEC、4308Jストリーム、3778さくらインターネット

[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。
pagetop