October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今日の見方(10月9日)

今日の見方(10月9日)

講義に書いたように今を取り巻く環境は非常に不味いというか、解釈と進展が不明だから動きようが無いんです。上がるとしたら日本株は外人買いが再びとなりますが、外資は11月のヘッジファンドの決算や12月の年金の決算から「勝算」が無いと動きません。だから、国内勢が頑張るしかないのですが、その国内勢が短期売買で回転して来ているから、落ち着かない市場は買いに躊躇が見られます。その中の弱気は空売りもありますが、普通に換金して来ます。

そうした状況でもストップ高や弾けて上げる株式があるから「強い」という風な雰囲気が残るんですが、月曜日(7日、ポイントの日)に感じた動きから見たら、昨日は結果上がっても相当弱かったです。つまり、やることやって動きを見るという風な状況になっているという事です。そこが今日の難しいところで、NYが安いから下がる怖さが台頭しやすく、買い手控えは後場には相当な形になります。そして、米中協議がある中、三連休となったら、この場面がギャンブルを仕掛けるしか方法はないです。

そのギャンブルが裏目に来たらきついから、少し静かに構えるという姿勢になるのですし、ポイントの日が7日でしたから、週末に態度決めるといった格好でしょう。という事は、逆に見たら今日という日の大切さで、「今日過剰反応ならば、明日明後日は米中問題をポジティブに取って来ざるを得ない」という作戦を自分なら立てます。

そこは個別じゃないから、個別は今度は回転効かしたり、小掬いしておかないと駄目で、少し諦める銘柄が有ってもおかしくはないでしょう。


つづく、
株式投資:参考銘柄(10月9日)

pagetop