November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

対象の変化【源太の講義】寄り付き前

株式投資(11/5寄り付き前)

NYが頑張ってくれたから日本株も強いのでしょうが、基本的に買われるものが違うというか、これからどうなるのかという状況だから動き難いと思うんですよ。ですから、今は次の段階を見極める日本と、進んだ米国とは違うと思わなくてはなりません。一般的には半導体や電子部品は復活の可能性が有っても、良く上がったから見極めだし、電池は良いんですが新しい技術を買うから、なかなか難しいと思います。今日はその分岐に近く、SQポジション考えながらのポイントの日になります。

だから、ここは普通トヨタ等の投資しやすいところに行くはずなんですが、この地合いは個人投資家が早さ望む個別株志向ですからややこしく、元々、個別は指数よりも後から上がって来て、故に水準訂正が急だったんだから、今は「待つ投資」で個人は良いはずなんです。特に、方向性が固まったら水準は変わるんだから、ここで焦ると銘柄が筋違いになるから無理はしない方が良いんです。

結局、鈍いと思った物が早く上がるし、持っている間は動かなく思う流れは、勘の鋭い人は早く買うのですが市場の動きは鈍く、動くと思って買うと動かなくなる不気味な市場なんです。ここで新しいテーマですが、動き出したら乗れなく、結果的に馴染みに行ってしまうのが今の考え方でしょう。

判り難い新しい物へ行くか、次の波を待つかだけの話なんですが、そういう気にはなれないんでしょうね。今週はイライラしそうですね。

3347トラスト、6888アクモス、4425KUDAN

[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

【源太の講義】や「今週の見方」の要約版はこちらから
株式投資家をサポートする『源太会スクール』
pagetop