December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

普通なら【源太の講義】寄り付き前

「源太カレンダー」公式販売サイト→こちらから
12月20日までのご申し込みで、ラインにて「1月の投資カレンダー的攻め方の解説」動画を無料でお送りします。お見逃しなく!

株式投資(11/19寄り付き前)

ここで簡単に上に行かれると厄介なのは、企業数字が「理想」ですから、維持するハードルが高くなるし、その先が難しいから。ここは過去の清算や米中問題などの進展に確認といった、シンプルですが非常に大事な確認事項が必要になって来ます。そうした部分が無い上昇は短命ですし、逆にここで確認がしっかりできたら、上値に向かってギアが上がりやすくなります。

この米中問題は日々色々言われますが、NY見ても響かなくなっています。大事な事なのにと思いますが、あまりにも日々変わった話で、市場は「腹据えて行方を見る」という形になったと思っています。そこが非常に大事でギリシャ危機だってそうですが、12月ぐらいになると、それが普通になってしまい皆に免疫が出来たりします。

だから、ここは「おかしくなっても」という発想で、この市場が最低ラインの経済でも底打ちしている企業が大事で、ボトム形成している企業をまずは買いました。ここは踊り場だから、中間決算で市場のコンセンサス以上の銘柄を探すという投資になります。

5121藤倉コンポジット、6888アクモス、3758アエリア

[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

pagetop