December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今日の見方(11月19日)

今日の見方(11月19日)

仕手株が大きく動きますが、ここは遊びでは手を出しても、考え方は運用者的に見ます。明星電気(6709)、カナミック(3939)、新都(2776)と今話題の株式は多いし、また取れたりします。しかし、一方でアエリア(3758)のように源太の行動ファイナンス理論から言う「投げの時間」がぴったり来る株式も多く、雑に個人投資家が株式を見ている事も判ります。

いわゆる「イナゴ族」の流れがまだ強く、企業を買うというのではなく、カスリ商売、鞘取りといった情報のみの売買が多く、そこで陥りやすいのが「押し目買い」。買い主体が判らないのに買う時だけ勢いが良いように、値ごろ感と板で判断するから、押し目買いが市場の変化から通用しなくなって、時間通り心理的な圧迫から投げになって行きます。

まあ、根本的にはそれで市場は成り立っていますが、この市場は資金によって数銘柄とは言いませんが、絞り込むことが大事で、幅広く買ったのは良いが損している状況が多く、何で自分が儲かろうとしているのか疑問な状況にないでしょうか?持っている物が上がると助かるといった嗜好のままに買って、それを「勘」ならまだしも、他人のせいにしたり、地合いのせいにしていると駄目ですね。

ここは「コンセンサス以上に良かった株式が買われていない」といった冷静な目が大事で、次に始まる投信の設定などで、仕込みやすい物をまずは探して、そこから遊びの材料株か、指数などの考えを合わせて行きます。きつい言い方するならば、先週下がった時に株式が下がると思いませんでしたか?非常に弱い強気で銘柄をたくさん持つ物じゃないんです。

つづく、
株式投資:参考銘柄(11月19日)
pagetop