December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今日の見方(12月4日)

今日の見方(12月4日)

トランプという男はこういう時に押さえが効かないというか、いつもこういう風になって行きます。彼の立ち位置ならば捻じれた議会の中にあるから、どうしても妥協をして来た過去の人と違って、絶対通過できないような無理難題を出してきます。結果的に実績がどうかというと余り無く、選挙に向かって何か欲しいという事になります。南米に対して、フランスに対して、北朝鮮に対して、中国に対して、そして日本と韓国に対してと一気にやって来ましたが、1:1なら何も言わないのに、部下に交渉などさせるから部下も多く辞めますよね。

部下同士が話を通常に決めても「OK]の段階でちゃぶ台ひっくり返すから、部下はたまらなくなってきますし、そういうのが老害的企業とよく似ています。自分も経験がありますが、苦労してまとめた話が壊れたら、相手のメンツも潰れてしまうから対人関係が悪くなってしまうんですよね。

それで勝手に決めなくなって、大統領の判断をとなるのですが、これってパワハラじゃないのかって気がします。日本の政権もそうですが、今社会問題になっているパワハラなどの問題は頂点では聞き入れられていないんですよね。

とりあえず、日本株は指数上じゃ仕方が無いですが、予算に絡んだ動きが出来ると思うんですよ。ここで頑張れるかどうかと、ここで下がる好業績をよく見る事でしょう。トランプさんはノイズであって、週末と来週は雰囲気が変わって来ると思います。こう下がっても弱気が少ないですから、少し押しはきついかもしれないと思いながら挑みましょう。


つづく、
株式投資:参考銘柄(12月4日)
pagetop