December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

株式投資:参考銘柄(12月4日)

今日の見方からの参考銘柄です。

6916アイ・オー・データは電子黒板。教育の設備投資資金が増えたのはテクノホライゾンと同じですが、こうした株式は気がついた者が勝ちということもあります。丁度上値に抜けて軽くなり始める頃で、新しいテーマが見え始めたら面白いという気がします。週足で見たらまだまだ上値余地はありますし。

2158FRONTEOは法的訴訟時の証拠保全用のデータ管理。この考え方で金融や医療向けで伸びていますが、これはコンプライアンスで必要な業種は利用して来ます。今後の社会の変化や複雑な時代になって来て面白い存在。先日、創薬に関する話が出ましたが、そういう一時的な人気ではなく、社会的に変化対応企業として注目します。

9424日本通信の出直りに期待。先の材料からストップ高を演じ、2億株物出来高を作った株式。しかし、一般的には底から大きく失速するが、程よいところから切り返しの体制に入っています。木村化工機が切り返したように、空売りが多い同社は明らかな業容変化を売って困っている人は多いと見ます。

3630電算システムは3000円乗せ。期日狙いから一貫として押して来ましたが、同社の評価はまだまだ低く、払い込み票決済などの収納代行は大きく伸びて行き、外国は難しいですが、国内がキャッシュレスで非常に伸びています。こうした株式は弾みがつくと早いので、買い乗せる場面だと思います。

[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

【源太の講義】や「今週の見方」の要約版はこちらから
株式投資家をサポートする『源太会スクール』
pagetop