December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

株式投資:参考銘柄(12月5日)

今日の見方からの参考銘柄です。

3758アエリアはやっと気の利いた反発。というか、下で投げられたというよりも借株でもしているのか、誰か大口が売っているのかという風な下げ方でした。それが一巡しての反発は、正当な評価の場所まで上がっても良いと思っています。同社IR最近連発だけに株価意識は有ると見ています。

6629テクノホライゾンは政府予算案から注目されたはずですが、結局はそれを材料に食い散らかしたのであり、こういう投げは丁寧に拾いたいと思います。元々信州期待の株式で、足元が良くなったから投資対象としても面白く、低位株のイメージが強いから空売りも多くて面白い存在。

2354YEDIGITALは安川の持分法適用企業。システム構築・組み込みソフトの企業で、安川グループの機械をスマートかとは行かなくても、IOTウィルス対応でも十分仕事になっています。こうした企業は派手さはないですが、地道に仕事をこなし、人件費拡大をカバーするぐらいになっています。

9816ストライダーズは好業績と自社株買いで上がった企業ですが、これも食い散らかされた企業。地味に拾うことが大事で、自社株買いはしますから業績も考えたらこの位置ならば問題はないと見ます。タイの旅行社と提携など、ちゃんと動き始めた事業が多く、悪い部分を埋めてトントン。自社株買いは流動性持たせようとするのは株価意識があると言えます。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

【源太の講義】や「今週の見方」の要約版はこちらから
株式投資家をサポートする『源太会スクール』
pagetop