January 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

為替【源太の講義】寄り付き前

株式投資(1/7寄り付き前)

地政学的リスクは今までとは少し違って想像がし難くなりますが、米国株式の動きは企業成績に順じていると思っています。米中問題の改善から買い過ぎた年末に対する調整で、国際緊張に対する警戒分PERで買い難いという感じでしょう。こういう考えだから景気の悪い日本株は海外に比べて下がってしまうのですが、こうした見方は普通に考えて「一休み」したかったんだと思います。

「調整」という言葉は非常に難しい物で、いつそれが終焉するのかが読み難い時とテクニカル的に判りやすい時がありますが、今回は前者に当たると見ています。つまり、企業業績が良くなるという「グロース」的な発想で買っていましたから、ここではその確認が必要で、そこに為替が日本の場合加味されますので、長引くとやり難いと思います。

ただ、その部分が今日は克服されつつあるから、クレディなどの先物の売りは動き難い市場で足掻いていると取れるので、今日の彼らの動き方が非常に重要です。ただ、そういうのは指数のは話であって、個別株はあまり関係ないと思います。実際、昨日もなんだかんだで高い物は多かったですから。

9424日本通信、4687TDCソフト、2134燦キャピタル

[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。
pagetop