July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

動かない物【源太の講義】寄り付き前

「源太カレンダー」解説動画、昨日より販売スタート
まずは短縮版見て下さい。こちらから 月毎のポイントの日を使った投資作戦が分かるように、源太カレンダーを毎月解析していきます。
**^~**~^**^~**^~**~^**^~**^~**~^**^~**^~**~^**

1月25日「源太会セミナーin大阪」一般募集
残席3席のみの募集です。
お申込みフォーム
詳細はお申込みフォームにてご確認ください。

株式投資(1/22寄り付き前)

急騰に対する調整と決算を見極めたいところに、様子見が重なった状態。調整していた個別株が県境なのはそうした作用。それにコロナウィルス問題から材料株が動きますから、個人投資家には意外に組みしやすい状況かと。

それは高いという感触があり、尚且つ売り抜いていますから資金的には余裕があるんで、買いたいが先が見えないという状況で、それが出直り株は乗りやすいし、材料株は速度があるんで割り切った買いが出来ていますよね。

ただ、事実として下がっている日経平均をこの場面では無視できないので、水準が高い物は決算がどういう風に作用するか良く見ておきましょう。企業予想ではなくコンセンサス勝負で、そのコンセンサスと次期決算に対する考え方と思ってください。ですから、良い決算でも上がらない事はあるし、「織り込み」という水準が本当に難しいです。

まあ、だから、「今日」という目先は勢いの物へと人気が集まるんですが、自分は下がって動かなものへと向かいます。

1401MBS、4425KUDAN、3967エルテス


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。
pagetop