July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今日の見方(1月22日)

今日の見方(1月22日)

NY株はダボス会議での発言を気にしているという話ですが、下がったからそういう雰囲気であり、企業決算やシカゴ投機筋の手控え、個人投資家の税金対策売りなどが本質的な要因と見ます。ですから、決算には非常に敏感で、高い位置だから、そうなるといった雰囲気があります。

気分が変わりやすい地合いもこういう時は多くあるります。例えば、昨日のコロナウイルス系の様にやっと対策が出始めたりしたらTVが非常に緊迫感を出しますし、情報サイトでも連続で出すから、短期的な値下がり狙った空売りが格好の標的になってトレードとしてはやりやすい物です。それが昨日としても、常識では今日ぐらいで止まる物もあるし、上がるとしても一押しあって上がらないと、空売りが入らなかったりします。過去からこういうパターンは「水曜天井型」が多いのもイメージしますしね。

その勢いによって他の物を見る作用が出たら良いと思っています。昨日の朝、政府案が流れていましたが、CO2削減や災害対策を主にした会議が効果的で、これをネタに環境からAI環境、コージェネ、電池などが変化したら面白いと思うんですよね。そういう循環が生まれたら怖くはなく、それを願う投資家は多いと思います。

ただ、昨年もそうですが、一月後半から小型株が上がるんですが、最後の最後で調整中の物が急落する事も多いから気をつけましょう。マザーズなんてのは市場が変えられる東京市場で、TOPIXの変化もあれば、マザーズだって変化があるという風になります。それらの解体は格好の売る材料にもなりやすいんですから。


続きはこちら
↓ ↓ ↓
株式投資:参考銘柄(1月22日)
pagetop