February 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

もう一丁来た【源太の講義】寄り付き前

源太カレンダーを毎月解説!
もうじき3月相場の購読者募集します。→詳細はこちらへ

これは先月分の短縮版です。
源太カレンダー解説動画『2020年2月号』ショートVer.
→こちらから
************************************

株式投資(2/6寄り付き前)

NYの大幅高は歓迎でしょう。これで多くの人が「上がる」という感触を強めてくれます。普通に今回は下で個人が買った形跡が強く、運用者が一歩遅れた感じだったんで、外資系の先物の買戻しを含めた上げが考えられます。そして、色々な物を見る目が出来るから、昨日換金した分今日は個別株も面白いという事になります。

それでも金融相場だから、材料株は買い手の存在がある方が良く、仕手的な物から考えるという発想が根底にはあり、普通に「安い」という物は好決算だとか、安定した伸びなどの材料が必要なります。それくらい市場は貧困な感じで、「売って上がった」とか悔やむようになります。

自分はと言うと、粛々と資金作る形から、ポジションをまとめて行きます。そのまとめ方は非常に機械的に行い、「何を残して期待するのか」という投資を徹底します。こういうところが自分のつまらないところで、買うとしたら好業績発表で下がった株式という感じで見ます。

取りあえず、もう一丁来てくれて良かった。

4406新日本理化、4388エーアイ、3528プロスペクト


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。
pagetop