February 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

株式投資:参考銘柄(2月6日)

今日の見方からの参考銘柄です。

7859アルメディオは空売りでもされているのかという下げ方で、決算が赤字だったのを嫌気。しかし、この赤字はナノ素材が伸びると思った社長の期待が高かっただけで、仕方がないというか、世間がついてきていなかったということ。四季報には指摘されていました。赤字幅縮小と来期は本格的なナノ素材の伸びが電池などで期待できるということです。

4388エーアイが休養十分。米国大手と組んだ事から株価が一時上がりましたが、根本的には、違和感のない音声を発するから相当な技術。ニュース原稿が読めるのがすごく、それはラジオの場合にニュースアナウンサーは必要ないということです。米国大手がこうした技術を自動車向けに考えてということです。

4320CEホールディングは減益幅縮小の上方修正をして来て、株価は上がったんですが急落。いや、過去のしこりまで来たから市場が伸び悩む流れと重なったと思うんです。自分は思うに、今期は人件費増などがあるので仕方がないが、CT.MRI解析などが非常に伸びていたり、医療品の受託業務が好調で子会社が伸びています。

4425KUDANが帰ってきましたが、もともと先に一度売られたから、長いじり高に入っています。ですから、同社は逆張りに徹したら意外に良い数字が稼げます。株価は昨日で25日移動平均を意識した動きで、ここからの株価好転が安いマザーズの反攻と重なってくると思われます。技術高いですから。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

【源太の講義】や「今週の見方」の要約版はこちらから
株式投資家をサポートする『源太会スクール』
pagetop