September 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

個別株【源太の講義】寄り付き前

源太カレンダーを毎月解説!
もうじき3月相場の購読者募集します。→詳細はこちらへ

これは先月分の短縮版です。
源太カレンダー解説動画『2020年2月号』ショートVer.
→こちらから
************************************

株式投資(2/7寄り付き前)

NYは完全にリスクオンになっていまして、今回のコロナ問題が逆に良い作用といった感じ。金融相場でもあるし、向こうは新型インフルエンザの方がきついという感じでしょうか。自分が思うに投機筋ですら買えない上げを見せていたNYが、確認事項済ませたという感じか?

一方で昨日の日本は買戻しの段階。だから、小型株など安くはないがもう一丁欲しい位置で、悶々とした状況。ここらが総体的に製造業が多いから盛り上がり難い環境にあります。その流れさえ上手く回ればと思うのですが、中国の景気の急ブレーキは中小企業軸に苦しいところが増えて来ます。それだけ中国に頼る国になっていたという事です。

まあ、今日は週末で来週は火曜日が休み。そういう流れは買い難いとか理由は多いですが、それでも強引にもう一段”上”が市場には欲しく、そうなって来たらやっと投資家もリスクオンなると思うんです。好業績が225なら買われますが、イマイチ浸透しないから、非常に気持ちが重いんですよね。

今日はそこがポイント。

4406新日本理化、7612NUTS、6653正興電機

[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。
pagetop