February 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

株式投資:今週の参考銘柄(2月9日)

今週の見方からの参考銘柄です。

6668アドテックプラズマはライブで良く話した企業。1月に既に決算発表を終えていますから、決算は8月組。プラズマ用高周波電源装置の大手ですが、ベトナムの拡張や海外の人件費など立ち上げで苦労。しかし、中国における新型肺炎の影響から株価は伸び悩み。しかし、本質的プラズマ電源の需要好転から侮れない株式。

3891ニッポン高度紙は決算は元々マイナス予想ですが、自分が見る限り想定よりも良かったと思います。自動車関連のセパレータは自動車販売の激減でマイナス、パルプ部門売却から収入減。その割に進捗は進んでいます。電池に向かって企業体質が変わる非常に大事な局面で、この数字は良いと思いますが、市場は間違ったと思います。

6754アンリツの場合は5Gの前人気から株価が業績を先買いしたタイプ。しかし、5G関連で米半導体大手のザイリンクスの決算見通しが市場予想を大きく下回ったため、5G向け半導体計測機器を手掛けるアンリツの株価も大きく下落。しかし、決算発表で同社は通期会社計画の大幅上方修正を公表。引き続き半導体計測機器の需要拡大が想定出来ます。

6670MCJは好決算発表。一時的に買われらだけで、その後は失速。このパターンが今回の決算で多い市場ですが、地合いとか市場の個人投資家の損益などがあるから。パソコン周辺機器の持ち直しや企業体質の変化が段々浸透して来て、社会の進歩に合わせる変化が出来たと思います。今日辺り動揺した売りが出たら面白いです。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

【源太の講義】や「今週の見方」の要約版はこちらから
株式投資家をサポートする『源太会スクール』


pagetop