February 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

今日の見方(2月14日)

今日の見方(2月14日)

東京【2回ワンセット+α】企業大研究会セミナー 
募集スタート!詳細はこちらから

ここからの動きはドキュメンタリーというか、リアルな感じになると思ってます。指数に関しての相場が一巡してしまうSQは、その後には正直な需給になることが多いからです。

つまり、この市場の厄介なのは米国よりも日本の方が新型肺炎に関する影響が大きく、アジア諸国も観光立国は相当なダメージになるという事。そして、それらの国は日本ほどの検査体制も無いから、野放しになっているというのが実態なんです。

日本政府に関して不満も多いでしょうが、今はこうした過去の例がない状況で、何をするのかといっても限られら状況になっているという事でしょう。その苦労した場面で「挙国一致」という風には取れない今の日本は非常に悲しく、野党も一緒になってこの問題を片付けてほしいと思います。

そうした動きが取れないから韓国なんかに隙を与えるのですが、なんでかの国はこの問題を早く片付けて、東アジアを安全な国へと持って行こうとしないんですかね。足の引っ張り合いというか、一方的に引っ張ってしまうのですが、それで本当に良いと思ってるのが文政権でしょう。

こうした状況だから仕手筋というか大口投資家に頼らざるを得ないのでして、儲かっているのは判っているから、資金力も強いんですよ。また、市場の弱気の原因がはっきりしているから、新型ウィルス関連も本当にしつこく、何度も回転出来るので、投資家の目は楽したいからそこになりますよね。

そうした目先資金がこの週末と考えた時に、それを取りにいくか、仕込みに行くかは個人投資家の感性になります。


続きはこちら
↓ ↓ ↓
株式投資:参考銘柄(2月14日)
pagetop