April 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

コロナ世界を席巻【源太の講義】寄り付き前

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
源太カレンダーを毎月解説!
3月相場の購読者募集を開始しました。詳細はこちら

東京「企業大研究会セミナー」は☆2回連続☆ワンセット開催!<日程>1回目:2月27日(木)/2回目:3月26日(木)<時間>18時30分〜19時45分 <会場>新橋駅前ビル

東京【2回ワンセット+α】企業大研究会セミナーお申込みはこちら
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

株式投資(2/25寄り付き前)

新型肺炎の拡大は報告が正しければ中国は伸び悩みという状況。中国政府はまだまだピークにはなっていないという見解ですが、新規患者数は伸び悩んで来ています。ただ、イタリアやイランはじめ、世界に拡大している事と中国が相当痛んだ経済になると思われます。そして、悲観の的が日本になって来ていまして、米国は韓国と我が国に渡航に関して厳しくして来ています。

市場は新たな拡散の震源地を特定しようとし始めます。それに拍車かけるのが韓国のあれだけの患者数に関して、その内の僅か何人かが日本に来たんでしょうが、伝染は日本に旅行に行った人が伝染したからのような報道。クルーズ船感染者も日本の患者に数え上げて韓国の焦点をそらす作業が、逆に海外では「共に大変」という事になりますし、そんなに拡大中なのかという事になります。

ただ、NYに比べてどう考えても経済的な影響が日本はでかいですし、外資が日本のETF売りの欧州・米国買いというのも良く判ります。こうした動きは通常運用上の世界ですから、先週の動きで大体一巡する物なんです。それがこうした市場では買い抵抗する根拠に水を差すことが多いから、買いの手が鈍る、またはワンタイム遅れてしまうんです。

そうしている間にリスクパリティの売りが世界を席巻してしまったという感じで、一週間は経過見ないと仕方が無いという気がします。

需給的には動き難い外資がこの場面でも売り崩すかと言えばやり難い23000円ですし、クレディは新春から三度チャレンジして失敗しいています。米中接近と世界的金利低下、いつかは落ち着く新型肺炎というネタは、売る方は時間限られているんです。まあ、三月は配当あるんだし、利回りと思っても勝負になるんですよね。

自分ならここは政府が進めて来た働き方の改革の中から来る、DX関連や週足で長い低迷から反発し始めた物を買います。

6034MRT、7073ジェイック、7722ジェイック


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。
pagetop