July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

個別で考える【源太の講義】大引け後

株式投資(3/17大引け後)

たしかに大変でしょうが、指数とか経済で考えたら動けないことが、各企業ならば良いものもあるんじゃないかと思います。そう考えたらドラッグは儲かっているはずですし、そう見た時に一番不利なJR各社が非常に高くなっています。いや、儲かっているものは戻りが鈍いが、誰もが駄目だと思ったものが強いということいです。

だから、個人よりも総体的な買い方や売っている人にしたら、下がらない弱いものへのイライラが出始めて、これが実際は判らないが公的だの日銀だのという「買い主体」の存在なんです。それが個人投資家が「良いもの」「これは安い」という感覚が出始めたら良いとなります。

そういう意味では今朝からの動きは、個別感覚になりつつあるし、紙数が気にならない売り買いが出来始めています。まだまだ不安と怖い感じがあり、いつ企業の活動が再開するかわからないとしても、ここまでは一気に売り過ぎで、最低でも確かめる時間までは、それぞれがバラバラで堅いような動きになっても良いと思います。

実際に悪いものが確りしています。

7981タカラスタン、6758ソニー、4480メドレー


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。
pagetop