August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今日の見方(3月25日)

今日の見方(3月25日)

ここで難しいのは売りを耐えるのか、機械的に売るのか。先日の講義で話した2割に到達のはずなんです。ですから、運用母体は換金して来ますが、さて、誰が買うのか?売り方の買い戻しが見えたら良いのですが、こうした動きは想定し難く、上がれば日銀は仕手筋じゃないから買いに来ないと思うんです。

昨日ラジオで相方やディレクターが「日銀が支えている」と解説して、日銀はこの状況を作ったと言っています。それならばこの市場は駄目です。確かに、下は守ってくれましたが、AIを封鎖してポジション調整が終わった「行き過ぎ」の買いならばこの市場は通用します。

自分は政府は大企業の内部留保を使わせるべきで、内部留保の無い中小企業をここは助けるべきだと思います。つまり、それぐらい上場企業の内部留保は政府が政策でつぎ込んだ借金が増え始めたころから増大しています。だから、解散価値が今回のターゲットであって欲しいのと、配当は額面通りは無理としても、高配当になっているから、組み入れ需要は高いと思います。

REITの上げ下げで判ると思うんですが、ペアの持ち分売りと地銀の決算を乗り終える売りが同時に出て、大幅安になったら一気に海外や国内の機関投資家から買いが入りました。ですから、この流れは日銀が支えているのではなく、純投資の上げでなければ駄目なんです。

今日は下の買いと上での買いが換金したくなるか、核になって来ますから、非常に難しく、もう少し上がったら有利になる状況が見えています。ですから、この場面は何かテーマを決めていくところだと思うんですよ。そういう相場になったらこの市場はしぶとくなります。

続きはこちら
↓ ↓ ↓
株式投資:参考銘柄(3月25日)
pagetop