May 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今日の見方(4月8日)

今日の見方(4月8日)

いつもと同じように出勤中。小池さんや安倍さんんが「非常事態宣言」と言いながらも「必要な人は出勤できる」というから、市場関係者の多くは出勤しますし、ラジオ局も動くから、我々もライブを行うので休み難いという状況。今日から「株式会社源太塾」は基礎編の「正しい基礎」の収録に入るから、余計そうなります。

この際、大事なのは市場の基礎という考え方で、一般が言う銘柄の見つけ方やテクニカル論はあくまでも各論であり、正しい本来の市場で損し難い感じをまとめておこうと思うんですよ。特に今はそういう事が大事で、歴史の話を聞くんじゃなく、その時となぜ今が似ているんかという事が大事。

先週、自分はすでに過去の恐慌の話をしていますが、そこと何が似ているのかは政治が私的利用になっているという事です。そこをまず見ながら進めて行く必要性はあるが、その違いは経済が不景気から来る恐慌ならば、復活は難しいですが、今回はコロナが収まれば一、二年で復活は可能という事。

そういう差を感じることに基礎が大事で、それをラジオなどで相方が言うように知識としてそっちが興味で走ると、聞く方は間違えやすくなります。ここは運用上の過去との違いや「運用者」が時代をいかなる感覚で買うのかであったり、当時何から上がったのかを精査することが大事です。多分、来週位にはその話がまとまっているから、多くの人が言うんです。

今回も安倍さんが「終息」モードで財政支出組んでいたのを、感染拡大傾向から支援型に変えたお金が60兆から108兆に変わった要因。それを閣内でまとめるのに一週間掛かったのと、方向の転換から来た時間で、「発出」が遅れたと見るべき。そこが動いたんだから、まずは下がった資源や素材が大事で、そこが転じてメディカル素材という感じ。

今日辺りはそうした少し捻った物が動きます。


続きはこちら
↓ ↓ ↓
株式投資:参考銘柄(4月8日)
pagetop