July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

動いた株式

*セレス<3696.T> 959 カ

第1四半期は大幅増益と想定以上の好スタートに。


*コロプラ<3686.T> 1076 カ

第1四半期に続く業績変化率の高さに関心。


*LIFULL<2120.T> 399 +42

上半期好決算や自社株買いの発表を好感。


*ファインデックス<3649.T> 976 +100

第1四半期大幅増益で上期計画を超過。


*サイバーリンクス<3683.T> 1415 +145

第1四半期好決算や自社株買いを評価。


*第一精工<6640.T> 2408 +212

想定以上の第1四半期収益改善を受けて。


*シンクロ・フード<3963.T> 316 +26

決算発表受けて目先の悪材料出尽くし感も。


*石川製作所<6208.T> 1615 +133

米中緊張感の高まりなども思惑視か。


*イー・ギャランティ<8771.T> 2060 +147

今期連続増益見通しや前期の増配を評価。


*富士ソフト<9749.T> 4300 +305

第1四半期2ケタ経常増益を評価。


*グレイステクノロジー<6541.T> 4025 +270

引き続き今期の大幅増益見通しを好感。


*サニックス<4651.T> 314 +19

前期の大幅増益決算を評価へ。


*アイロムグループ<2372.T> 1817 +98

調整一巡感から収益回復見通しなどを見直し。


*石油資源開発<1662.T> 1920 +100

今期の配当維持見通しなどは安心感に。


*ディー・エヌ・エー<2432.T> 1404 +71

大規模な自社株消却などは評価材料視。


*ジャパンマテリアル<6055.T> 1651 +80

今期の増益・増配計画を評価材料視。


*ジャストシステム<4686.T> 7220 +340

前期の大幅増益決算を評価の動き優勢に。


*澤藤電機<6901.T> 1622 -378

前日の株価急落で狼狽売りなども集まる。


*ブレインパッド<3655.T> 4690 -870

通期収益予想を下方修正している。


*セグエグループ<3968.T> 762 -113

第1四半期は2割強の営業減益に。


*カルビー<2229.T> 2959 -386

今期の2ケタ減益見通しがネガティブなインパクトに。


*ビジネス・ブレークスルー<2464.T> 367 -47

前日には決算発表の延期を発表しているが。


*TATERU<1435.T> 149 -18

決算材料視で前日に急伸の反動。


*日清製粉グループ本社<2002.T> 1562 -188

今期業績計画はコンセンサスを大幅下振れ。


*森永製菓<2201.T> 4200 -500

今期の2ケタ営業減益見通しをマイナス視。


*ロイヤルホールディングス<8179.T> 1670 -178

約70店舗の閉鎖などを発表している。


*アウトソーシング<2427.T> 526 -53

今期業績・配当計画を大幅に下方修正。


*ダブル・スコープ<6619.T> 348 -34

第1四半期経常赤字継続で通期見通しは取り下げへ。


*三菱地所<8802.T> 1580 -152

今期の減益・減配計画を嫌気。


*ブイキューブ<3681.T> 1100 -102

第1四半期好決算発表も出尽くし感が優勢に。


*アイスタイル<3660.T> 270 -24

上値の重さ意識でリバウンド一服感。


*アコム<8572.T> 415 -36

前期好決算も今期見通し非開示で出尽くし感に。


*タカラバイオ<4974.T> 2296 -175

今期大幅減益見通しを悪材料視。


*日本エアーテック<6291.T> 1153 -77

決算発表を控えて手仕舞い売りが優勢。


*じげん<3679.T> 315 -21

第1四半期ガイダンスがマイナス材料に。


*前田道路<1883.T> 1817 -121

1-3月期経常益は2ケタ減益に。


*RPAホールディングス<6572.T> 742 -48

信用買い残高水準など需給面が重しに。


*東京エレクトロン<8035.T> 22330 +255

台湾TSMCの米工場建設計画や米アプライドの時間外上昇で。


*KDDI<9433.T> 3188 +40

今期の増配計画などを好材料視する動きにも。


*富士通<6702.T> 10280 -185

決算インパクト限定的もサービス事業伸び悩みなどマイナス視も。


*ユニ・チャーム<8113.T> 4047 +103

第1四半期は想定以上の大幅増益に。


*アステラス製薬<4503.T> 1752 -46

実質減益見通しをマイナス視する動きが先行。


*ボーソー油脂<2608.T> 890 カ

昭和産業が1株1080円でTOBを実施。


*Jトラスト<8508.T> 309 +36

第1四半期決算評価の動き継続。


*MCJ<6670.T> 806 +62

1-3月期も大幅増益基調が継続。


*デュアルタップ<3469.T> 400 -64

決算受けて前日に急伸の反動も。
pagetop