May 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今日の見方(5月21日)

今日の見方(5月21日)

この場面は強気になって良いとは思うんですが、一週間前と変わったのは「解禁」になってゆく新型コロナ自粛の安心感があります。ですが、市場はその事には触れないから基本は「外人が勝っている」「運用者が個別を買っている」という需給の範囲内なんでしょう。実際に電車はじめ金融系の人は出社して来ましたし、やはり、会社にいるのと家にいるのでは市場に対しての見方や考え方が違うと言います。

家にいると上がって来た株を売る事はあっても、新たに買う株については冷めた見方ですから「見送り」であったり、「気がつかない」という様な現象が多く、そういう発想は仕方が無いんですよね。昨日、証券マンと話したら勢いがある物は売り難いと言っていましたし、そうした気持ちが少しずつ変わったんでしょう。そして市場は第一段の峠を越えた事からキャッシュが多いので資金的に潤っています。

こうした時はついつい気楽に向かってしまいますが、ここから買うのはマネーゲームと割り切って、過去の下で買った物は自分が何を残すのかを限定したり、株数を減らして行くしかないです。「気にし過ぎ」と言われますが、もう一丁上がったら自分は「確認」の売りがあると思っていますし、また、そうでないと第一四半期決算では想定以上の減益減収、赤字が出て来ます。

だから、こうした時期はM&Aや買収用の株式買い増しが目立つ金融相場になりやすいです。力の無い企業はリタイアして行くレナウンのような企業も多いはずなんです。ここは非常に大事な場面で、投資比率は60%ぐらいまで落とす、絞り込んだ投資にします。

続きはこちら
↓ ↓ ↓
株式投資:参考銘柄(5月21日)
pagetop