July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

動いた株ですって。

回ってきたものですが、参考になります。

*アグレ都市デザイン<3467.T> 525 +80

前期業績は大幅増益での着地に。


*ツクイ<2398.T> 556 +80

前期業績の上振れ着地がインパクトに。


*ダブル・スコープ<6619.T> 453 +60

安値圏での底堅さも意識でショートカバーか。


*ショーケース<3909.T> 604 +79

上昇する25日線支えに三角保合い上放れへ。


*CIJ<4826.T> 963 +124

DX関連銘柄の一角として短期資金の矛先が向かう。


*カシオ計算機<6952.T> 1879 +236

時計事業は足元で中国市場が急回復。


*テクノスジャパン<3666.T> 608 +70

マザーズ指数一段高などで中小型成長株人気化。


*セラク<6199.T> 1029 +103

DV関連銘柄人気化の流れに乗る。


*SHIFT<3697.T> 10160 +1010

年初来の抵抗線突破で上値妙味。


*エアトリ<6191.T> 1219 +109

観光・旅行関連銘柄は総じて反発色強める。


*アシックス<7936.T> 1172 +101

第1四半期営業赤字も目先の悪意材料出尽くし感に。


*リソー教育<4714.T> 320 +24

先週末の急動意に追随買いへ。


*博報堂DYホールディングス<2433.T> 1233 +91

前期業績下振れや4月の低調スタートも想定線との見方に。


*リログループ<8876.T> 2253 -193

人の移動制限の影響で今期は大幅減益見通しに。


*フィールズ<2767.T> 397 -20

好業績評価による株価上昇にも一服感。


*富士フイルムホールディングス<4901.T> 4759 -186

コロナのマイナス影響で前期業績は下振れへ。


*ネクソン<3659.T> 2207 -79

先週末にかけて一段高の反動で戻り売りが優勢に。


*日本板硝子<5202.T> 369 -12

足元売上の大幅な落ち込みを警戒。


*enish<3667.T> 446 -14

先週末までの連日の上昇で戻り売りか。


*大幸薬品<4574.T> 1802 -51

上値の重さ意識のなかで25日線を割り込む。

*北海道電力<9509.T> 415 -10

大和証券では目標株価を引き下げ。


*日本航空<9201.T> 2018 +131

緊急事態宣言の全面解除控えて空運株買われる。


*レーザーテック<6920.T> 8810 +450

高値圏で買い戻しが優勢の展開にも。


*エイチ・アイ・エス<9603.T> 1978 +85

緊急事態宣言全面解除控えて観光産業に買い。


*明治ホールディングス<2269.T> 7690 +220

前期増配や今期連続最高益更新見通しを好感。


*アサヒ衛陶<5341.T> 443 カ

目立った材料ないが全人代開幕など思惑視か。


*YE DIGITAL<2354.T> 554 +77

DX関連銘柄として関心が高まる展開にも。


*ウェルス・マネジメント<3772.T> 1173 +146

観光関連銘柄として緊急事態宣言の全面解除期待手掛かりに。


*フレンドリー<8209.T> 1146 ウ

株主優待制度の廃止を発表。


*省電舎ホールディングス<1711.T> 360 -42

特設注意市場銘柄指定解除で直近急騰の反動。


*技研ホールディングス<1443.T> 336 -26

業績上方修正で直近人気化の反動安。


pagetop