July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

株式投資:参考銘柄(6月24日)

今日の見方からの参考銘柄です。

7715長野計器が高値で突っ張っていますが、全体が電池が環境問題から頑張っていますし、同社の水素ステーション向けが世界シェアあるから大いに期待できると思うんです。バイオが難しい足取りの間は、こうした新しい材料で突っ張っている物から上がる事は多く、詩元も落ち着いてきますから、来期以降の先買いでしょう。

1443技研ホールは普通の会社ですが、景気促進をトランプさんが行うように同社も安倍さんが選挙までして行うとなると、公共事業は付き物になります。こうした流れで市場は物色されるケースが多く、この市場が本物ならば総体的な値上がりから、こうした割安、材料含み株が非常に有利になって来ます。

2134燦キャピタルは中々しぶとい反面保持者は「動かない」とイライラする株式。従って、こういう株式は急落して終わるのが常。しかし、今回は何度も自然に盛り返してきますし、材料もダチョウなどのコロナ関連もあるし、蓄電池製造という次のラウンドも備えられています。低位株が化けるケースは多く、押さえて置きたい株式。

9997ベルーナは先週良いところまで来て失速。通販だから悪くは無いとしても、市場からしてみたらAIだの新薬というような絵が無いから。しかし、PERもPBRも安い同社は総体的な値上がりが始まったとしたら、売り一巡した今は狙い頃で、じっくりとした投資が少し考えられるのではと思っています。


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

【源太の講義】や「今日の見方」の要約版はこちらから
株式投資家をサポートする『源太会スクール』
pagetop