August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

強いんでしょうが・・・。【源太の講義】寄り付き前

株式投資(7/6寄り付き前)

『7月号』公開中
6月後半〜7月の源太カレンダー解説動画

こちらからご確認ください。

☆お待たせしました!
「ただしい株の基礎」通常講座の始まりです。
こちらからご確認ください。

ここで一気に良くなるかどうかですが、週末の【ポイントの日】を善意に考えたら、下げ渋った個別株で、木曜くらいから出来始めていた物色対象の割り切りが本格的に展開する構え。指数の位置に関わらずあれやこれや見ていたら、大分動きが出来てきた感じから、全体に安心感が出るのではと思います。

割り切った物色はニューノーマルとウィズコロナの発展系が多く、遠隔治療や衛生用品などは確かに上がるが、二次感染の場合は非接触型とか顔認証などの少し進んだ物になるし、収益が実際上がる半導体に向かう形や技術も大事です。一方、コールセンターなどの考え方や機械化など、少し変わっています。

まあ、結局は強ければ上がるんでしょうが、上がる条件がこうした物ならば、まずはそこから攻めようという感じで、基本的には「上がる株式がそのままになる」ような気がしますが、動かない物だってこうした着眼からで良いんでしょうね。なんか先週、最後の最後で噛み合った市場が今日辺り上手く行くと良いんですがね。

ただ、この市場で難しいのは、事実は上がる要因が無いという事で、買い過ぎた米国の7月の数字は8月不気味ですし、検査が進むと患者数も増えて来ますし、日本は亡くなる方が少なくても南米とか凄い事に。こうした時にドイツなどの仮想通貨の会社などにみられるように、隠れていた事故が表に出てきたりします。

だから、多分、強くなっても先日と同じように下値を急に伺ったりすることは多く、ポジションは維持しながらの形で、悪い決算にも株価が耐え始めたらバリューとか考えながら動く週だと思うんですよね。

6855日本電子材料、3020アプライド、3719ジェクシード


週末の市場解説【源太のYouTube番組】👉こちら


[重要事項、及び注意事項]
・ 情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。・ 提供する情報に基づき読者様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。・投資に関する最終判断は、読者様ご自身でなさいますようお願い致します。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。
pagetop