August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今日の見方(7月14日)

今日の見方(7月14日)

HPCシステムズ(6597)などの上げ方は普通のリバウンド。自分思うのは少し期待が高いのかもしれません。つまり、これから新値とは言わないが少し上が欲しいのに、昨日の全体の上げは下降トレンドの中の「下げ止まり」の物が多く、このナスダックが安いという環境から切り返せないと、何かが犠牲になる気がします。

NYでも先日からナスダックが高いのですが、一般銘柄ではない寄与度で動いていまして、そういう動き方はマザーズがバイオで引っ張られてリズム失う感じに似ていました。だから、米国も少しバリューっぽくなっていたんじゃないかと思います。ここから日本株は夏に弱い部分が出て来るから、後場とかの閑散時に何か賑わうような形が欲しいと思います。

要するに、この市場は金融相場でも運用者型になって来てしまい、注文がAIになるから呼吸が難しく、自分の様に古いタイプは仕手株などのような「ここで来ないと」と感じた時に買いに来てくれる安心感とかが好きです。そこに欠けるから投資家が株式を信用しないし、信じてもいないから下がる時に非常に簡単に下がるんです。

そういう動き方って非常に厄介で、今日でも指数の上げ下げに関係のない「リバウンド」を求めてしまいます。冒頭書いたHPCがもう一丁伸びるとか、戻りかけた物がひと利食いされてから切り返す様な腕白さが欲しいんです。そういうのが見えて来たら、指数からの離脱相場になりやすいんですがね。


続きはこちら
🔻 🔻 🔻
株式投資:参考銘柄(7月14日)
pagetop